農家の嫁の初めてイベント出店。現地へ行く前に準備してほしい3つのこと

 

自分たちの農産物や農産加工品が少し知られるようになったらお声がかかるのがイベント出店。

イオンやジャスコなどの商業施設。地元のスーパー。道の駅。観光物産館。行政施設。屋外イベント、最近はやりのマルシェなど。

チャンス!いっぱい売りたい。多くの人に知ってもらいたい。

 

そう思いながら、意外とな落とし穴にはまるケースも。

今回は、チャンスを掴んで多くの成果を出すために。

意外と知られていない準備ポイントをお伝えします。

 

 

1.一番の敵はお客さんでもバイヤーでもない。寒さだ!=寒さ暑さへの対策が一番重要=

 

成果をあげる。結果を出すとき。

一番大事なのは自分のコンディションをちゃんとしておけること。

体とテンション。この二つをあげることがとても大事ですが、

現地に行って一番足かせになってしまうのは、気温。

 

販売現場が寒い。暑い。

 

これが一番の敵です。

 

商業施設や屋内で行われる場合、圧倒的に多いのは寒い!!!

これは夏でも冬でも関係ありません。

 

イオンでもジャスコでも、地元のスーパー、道の駅、観光物産館。

省エネ。エコ。クールビズなどの動きはありますが、それでも1日いたら寒い。

特にイオンやスーパー。

生鮮食品(野菜、果物、肉、魚)の売り場の近くはとても寒い。

冬、入り口付近だと吹き込んでくる風がむちゃくちゃ寒い。

商業施設は外から入ってくるお客さんに合わせて温度設定されています。

 

暑い夏だからと行って、薄着で行くと、、、、

“売るどころではない!!!!”事態に陥ります。

真夏に風邪をひく。冷え性が悪化して体調を崩すなどのダメージもありますので要注意です。

 

長袖のシャツを着て行く。パーカーやフリースを持って行く。

暑さよりも、寒さ対策が大事です。

出かける時の気温に騙されず。

暖かさを確保できる準備をしてくださいね。

 

 

2.高さのあるブース作り、売り場づくりを準備する。

 

大きな商業施設や会場、屋外で行う場合。

とても高さが重要です。

 

商業施設に行ったら、見てほしいのは天井の高さ。

とても高く設定しています。吹き向けのスペースなどはもっと高い。

屋外で行うイベントの場合は、空が天井(笑)

 

なので、低い売り場では目立たない。お客さんに発見してもらえなくなります。

だからこそ、背の高い売り場を作ることが大事になります。

 

高さでいうと1.5〜2メートルの高さに自分たちをアピールするものを用意。

 

商品を山積みにしても良いです。

ブースの壁面に鮮やかな色合いの大きなパネルやタペストリー、看板。

箱やひな壇を用意しておくのも良いですね。

高さのあるのぼりを用意しておくことも考えてください。

 

遠くからでも目に止まり、何をアピールしているブースか、頭の上からでも見えるようにするためです。

 

自分のうちでブースを作ると、天井まで販促物がくるので違和感があるかもしれません。

ですが、ブースに目をとめてもらい集まってもらうことが大事です。

ちょっとやりすぎくらいの気持ちでブースをつくりましょう。

いつもの1.5倍くらいの高さを意識してください。

 

 

3.チャンスを掴む準備は万全!名刺や自分たちの案内パンフレットを用意しておこう

 

意外と忘れがちなものに、名刺が挙げられます。

イベントや販売ブースの前に来る人は一般消費者とは限りません。

バイヤーや業者、行政担当者。

他の会社の経営者など。色々な人が来ます。

 

その時、産品や商品をみて。

今は買わなくても後から。ということもあります。

軽い立ち話でも、後から商談の話を。ということもあります。

大きなチャンスがあるかもしれません。

だからこそ名刺は大事。

イベント用にカワイイ名刺を作ると、テンションも上がって良いですね

 

名刺の大事さはコチラもご覧ください。(農家の嫁が初めての展示商談会で成果を出せる5つのポイント)

 

後から連絡してもらえるよう。

ちゃんと覚えてもらえるように。

準備しておきましょう。

 

使うことがなくても、使い頻度も少ないですが常備しておいた方が良いです。

チャンスはできるだけとりたいですよね!

 

 

いかがでしょう。

イベントで、色々なところに出た時。

お米、野菜、果物。農産加工品。

どんなものを売るときでも、とにかく販売に専念できる環境を作る準備をしておいて欲しい。

カラダもテンションも高められるようにしておきましょう。

 

出店の結果や成果は準備の時から作るもの。

あなたはどのようにイベント出店にのぞんでいますか。

ちょっととした準備で、楽しく元気にイベントに臨めます。

そうするとあら不思議。成果はさらに上がります。

 

農家の嫁がイベント出店で準備して欲しい3つのポイント。

是非、試してみてくださいね。

3+
過去の投稿へ
山形県飯豊町 iide山oh!(いいで やまおう)ソフトクリーム&アイスクリームいよいよ発売!
次の投稿へ
自分達の独自性を見つける! 農家の格言:サルスベリ(百日紅)の花が咲いたら大丈夫!から学んだこと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー