のび太のパパに学ぶ。人を育てるために大事なこと。

 

アニメでも長編映画でも、いつもどこか影の薄いのび太のパパ。

ですが、最近発売になった“小説 映画ドラえもん のび太の宝島(小学館)”を読むと、とても素敵なパパだと感じます。

 

いつも怒っているイメージののび太のママ。

その陰で、ちゃんとのび太のパパも大事な役割を担っている。

ちゃんとのび太のことを見ている。

小説を読み進んで行くと、そんなことに気付きます。

 

 

1.のび太のパパの育て方。

 

小説の中にこんなシーンがあります。

 

映画の中でよくある、のび太がドラえもんと仲間と冒険に行く時。

ほとんどの場合、夏休みとか冬休みの宿題をしないで飛び出して行く。

 

のび太のママが「宿題は! 宿題を先にしてからいきなさい!」と怒鳴っている。

そのあとののび太のママとパパの会話です。

「のび太は宿題もしないで遊んでばかり。大丈夫かしら」とママが心配する。

 

「大丈夫だよ」とパパ。

のんびり、微笑みながら。

「心配ない。のび太は失敗も多いけど、なんでもやってみようとする。そこがあの子の素晴らしいところだと思うんだ」

 

「何度も転ぶし、辛い目にあるかもしれない。だけど大丈夫。のび太は何度転んでもそこから立ち上がる強さを持っている。だから大丈夫」

 

「僕はのび太を信じている」

 

のび太のパパ。いかがでしょうか。

人を育てる大事なことをさらっとやっています。

小説だからこそ気づく。逆にアニメや映画ではなかなか気づかない、何気ないところに人を育てる大事なキーワードがありました。

 

 

・相手の良いところを見つける。

・失敗したり、辛いことがあるかもしれないがそれも大丈夫と思う。

その上で、

・相手を信じる。

 

自分の子どもでも、会社の従業員や部下でも。

あらゆるところで共通する、人を育てる大事な大事なキーワード。

 

今回は、のび太のパパから学びました。

 

映画は2018年3月3日に封切り。

自分は大人だから。今更ドラえもん?と思わずに。

年を重ねてから読んでもなかなか面白いものです。

小説を読んでみると、映画とは違う楽しみがあるかもしれませんね!

4+
過去の投稿へ
「お客さんに選ばれることも大事だが、選ぶことも大事」〜地方の中小企業で成功する経営者だけが知っている秘密4
次の投稿へ
主力商品を育成し、売上を高める“日本一会議”企画チャレンジしてみませんか!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー