理論と現地現物現人の両立で生産性を早く高めよう!=地方の中小企業が生産性をあげるために=

今回のテーマは現地現物現人。

実際に現地を見る。現物を見る。人を見る。

自分の目で確認し、空気を感じること。

海外ではFact finding!と言われているようです。

 

生産性向上が課題の中小企業にとっても大事。

改善スピードを上げるために、現場現物現人を意識する経営者は多くいらっしゃいます。

 

ですが現場主義だけに猛進しすぎた結果、理論をおろそかにし、気合いと根性論になることで、改善のスピードや成果が低下する場合も。

生産性を早く高めるために、本当に大事なのは理論と現場の組み合わせ。

一見違うように見えますが、両方を揃えて取り組むことが一番の近道です。

 

 

1.現地現物現人が改善のスピードを上げる。取り組みを加速させる理由

 

生産性を高める場合でも、新しい店舗を作ったり、リニューアルしたりする場合でも、具体的な商品開発、販促企画を考える時でも、

現地で現物を見ながら、打ち合わせするとスピードは早くなりますし、新しい画期的な発想も生まれやすくなります。

 

それは、なぜか。

理由は簡単です。

“感性と直感力が働くから”

良いと思ったことをすぐにカタチや企画にできるからです。

 

これは大きなメリット。

会社の中で、机を囲んでああだ、こうだ言っていてもなかなか出てこない。

 

成果をあげたり、新しいことにどんどん取り組める経営者は、

とにかく現地を見て、現物に触れ、そこにいる人と話をします。

 

世界的に有名な写真家の先生にも教えていただきました。

“机に座っていても、インスピレーションやアイデアは浮かばない”

“所詮は自分の頭の中にしかないことしか出ない”

“そんなアイデアは、焼き回しにすぎない”

だからこそ、

“外に出ることが大事。いろいろな感性に触れる。そこから新しいことは生まれる”

 

世界的に有名なアーティストでもそうです。

普通の人が感性を広げたり、直感力を高めるためには、外に出ることが大事ですね。

それが、改善スピードや素晴らしいアイデアを生み出すポイントになりますね。

 

一方で、短期間で生産性を高めるためには理論も大事。

それはなぜか?

 

 

2.理論とは改善の仮説や、現場を観る視点をつくるもの。

 

さぁ現場に行って改善しましょう!!!

と現場に行って一番困るのは、

“何を見たら良いか、どの視点で見たら良いかわからない”

まさにここにあります。

 

生産性を高める場合、

・製造ラインや人の動きに問題があるのか?

・商品自体に問題があるのか?

・売り方や営業方法なのか?

・それとも経営の仕方に問題があるのか?

・財務や経理?

・人づくり?

・指示や指揮系統?

 

現場には様々な要素がありすぎて、どこから見て良いのか?

どこから手をつけるべきなのか?

結果、何もわからないことが起こります。

 

そこで大事なのが理論。

“生産性を高めるために、どこが課題で、どこから見たら良いか”

この現場を見る視点、改善の仮説を作るものが理論です。

 

理論から見たら、ここが課題かもしれない。

そう頭の中に考えを入れて現場・現物・現人を見ることで、より効果的に改善のポイントを把握することができます。

もしかしたら、仮説とは違うところが課題を発見するかもしれません。

ですが、それも現場をみる仮説があってこそ。

 

理論とは違ったけど。仮説とは違ったけど。

それを発見できることも、理論の大事な活かしどころですね。

 

外部の専門家や、コンサルタント活用のキモはここにあります。

理論的に、外部の視点で。

現場では当たり前と思っていることに、違う視点でメスを入れる。

 

生産性の高い会社を作っている経営者は、これがとても上手です。

 

 

3.中小企業の生産性向上は2ステップで考えよう!

 

働き方改革や、地方の人不足が進んでいる今、

中小企業の生産性を高めることは、緊急性を要する課題です。

 

だから生産性を早くあげたいと悩まれる経営者から、相談を受けることが多くなりました。

 

今は何に取り組んでいますか?と伺うと、

ほとんどの方は“従業員の仕事のスピードアップ。効率化”

と話されます。

 

さらに質問。

いつになったら、スピードは上がりますか?

社長が目指す生産性目標に、いつ到達しますか?

と伺うと

“人のことだから。時間がかかるかもしれない。人によって成長スピードが違う”

となかなか時間の読めない改善が中心になっているケースが多くあります。

 

だからこそ、生産性の改善は2ステップで考えることが必要です。

=第一ステップ=

ターゲット設定・商品価値の付け直し・値付けの見直しによる利益アップ(First Step)

これが生産性を短期的に高める改善の内容です。

第一ステップでは、現場にあまり負担をかけることなく、経営者主導で判断・決断し、生産性を短期的に高めることができます。

しかもこの方法は確実性が高く、目に見えて成果をあげることができるため、社内の改善モチベーションを高める効果もあります。

この場合、理論やノウハウの方が力を発揮します。

 

=第二ステップ=

組織内の効率化(Second Step)

組織内の改善の中心は効率化。新たな仕組みの導入や、人づくり、作業時の手のスピードアップなどが挙げられます。当然、人の慣れ・習熟度に影響され、個人差もありますので、時間をかけて改善していくことが必要です。時間をかけながら継続的に、長期的な視点で会社や事業の生産性を高めていく。

この場合は、理論だけではなく現場現物現人がより必要になります。

 

この二つのステップを行なっていくことで、生産性をより高いレベルで、長期に渡って高め続けることができます。

 

これらのステップを効果的に動かしていく考え方が、

“理論と現地現物現人の組み合わせ”

両方を揃えながら、改善を進めていくことで成果は劇的に上がります。

 

 

いかがでしょう。

 

生産性向上は、中小企業にとって喫緊の課題。

特に地方の中小企業は、首都圏に比べても取り組んでいるところは少ないですし、

どうして良いかわからない経営者も多くいます。

現場に改善や効率化を求めすぎている経営者も散見します。

 

あなたはどうですか?

経営と現場。

経営者と従業員。

中小企業だからこそ、両方がそれぞれの立場で改善できる体制を作りたいところ。

そのために理論と現場現物現人の両方を意識したいですね!

1+
過去の投稿へ
新店舗&新工場 上昇している投資建築コストを削減するために。3つのコツと1つのタブー
次の投稿へ
脱・価格競争!地方でも田舎でも関係ない!高価格でも商品が売れる企業に共通する3つの特徴

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー