冬こそわらび餅。極寒大雪の日に。我が家の冬の定番ちょい手間スイーツから学ぶ、新しい需要創造の考え方。

外は今年一番の寒波。

全国各地から大雪の知らせが届いています。

でも、家の中はガンガンストーブ。あったか状態。

 

そんな時に食べる、我が家の冬の定番。

色々組み合わせて、一手間加えて。

 

今回は、ちょっとほっこりするスイーツの紹介と、新しいマーケット創造についてお伝えします。

 

 

1.冬こそわらび餅がオススメ。極寒時期の美味しい食べ方。

 

我が家では、毎年 極寒の冬に食べる一手間スイーツがあります。

 

=用意するもの=

(1)わらび餅(パック)

奈良にある、千壽庵吉宗奈良総本店さんのパック入りわらび餅。

厳選された素材を使い、真面目に作られています。関西では、黄色いパッケージでとっても有名。年末にお取り寄せ。きな粉もついています。

 

(2)アイス

今回は、コンビニから明治エッセル スーパーカップ バニラを使用。

 

(3)あんこ

これは自家製のあんこ。

 

(4)ちょっと小洒落た器

家にあるもので。少し明るい色の方が良いようです。

 

=作り方=

わらび餅を温める。パックに入ったわらび餅を電子レンジでチン。

あら熱をとって、少しだけ冷ましたら、器に盛り付ける。

盛り付けたわらび餅の上に、アイスをのせる。

さらにあんこをのせ、最後にきな粉を振りかけて出来上がり。

 

とっても簡単ですが、絶品です。

アレンジとして抹茶はもちろん、チョコレート味やキャラメル味も相性抜群です。

 

=美味しく食べるシーン=

外は極寒の日。雪を見ながら。家族みんなで。

ストーブをガンガン炊いて、おうちの中は汗かくくらいの常夏状態にして。

我が家は薪ストーブをガンガン焚いてます。

 

 

2.季節を逆転させると、新しい食べ方が提案できる。〜真逆の視点で需要創造〜

 

もともとわらび餅は夏のイメージ。

でも、冬に美味しく食べる方法を伝えられれば、今までには無い新しいマーケットを創ることができますね。

 

これは、閑散期に売上を作る一つの方法です。

もちろん、春や秋でも良いのですが、真逆の季節の方が考えやすいようです。

 

コンビニで真夏におでんを売っているのも同じですね。

 

春夏秋冬、季節の変化が大きい日本では特に効果アリ。

外は寒くても、家の中は常夏。

外は猛暑なのに、オフィスは寒い。

など、住宅や建物の性能が向上したこともプラス要因ですね。

 

 

季節を逆転させて提案するほか、

欧米や海外の風習・イベントに和の商品を当てはめてみる。日本の文化に洋風の商品を当てはめてみる。

朝と夜を逆転して考えてみる。

安売りのイメージがある商品を、高い値段の高付加価値商品として考えてみる。

年配の人向けを子供向けに。もちろんその逆もアリ。

など、現在の需要と真逆を狙った視点を持つと、新しいアイデアが生まれます。

提案する時は、商品の活用法だけではなく、活用シーンなども提案できるとさらに効果が高まります。

 

 

いかがでしたか。

極寒の日。家族みんなで一手間加えたスイーツを楽しみながら、全く違う時期に自分たちの商品が売れないか考えてみては。

 

新しい需要獲得、売上獲得ができる可能性が広がります。

しかも競合は手を出していない。さらに言えば先駆的なメリット。

価格的にも強気にいけると、利益もプラスですね!

1+
過去の投稿へ
農家が直売参入で収入アップするために、必ず抑える2つの要素
次の投稿へ
中小企業の働き方改革〜経営者編(社長の働き方、時短、生産性向上)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー