地方は大チャンス!吹き始めた追い風に乗るために大事な3つのこと。

地方の中小企業や、農業はこれからがチャンス!

国内を見ても、ニューヨークを観ても、ローカルへの追い風が吹いています。

 

その追い風に乗れるかどうかは、これから1〜2年間の取り組みにかかっています。

うちの地域は知られていないから・・・とか。

交通が不便だとか。

あまり関係ありません。

 

地方にある産業、農業をはじめとした一次産業にとっても絶好のチャンス。

これを一つのきっかけに、新たな未来を作っていく。

今回の記事のテーマです。

 

 

1.地方・ローカルはチャンス! ローカルからグローバルへの流れが明らかに。

 

日本人の中に芽生えつつある、地方やローカルに対する考え方の変化。

2020年。あと3年後に開催される東京オリンピックを目指して来日する観光客も、今までのような日本のメジャーな観光地へではなく、ローカルへ流れる傾向がすでに予測されているようです。

先日、伺った山形鶴岡でも、東京ではなく、鶴岡を巡りたい。そのような観光客の情報が少しづつ流れているとのこと。

 

ニューヨークを観れば、まさにそれと同じ。

Made in USA

から

made in NYC

made in Brooklyn

が潮流として顕在化し、

日本にお土産を買ってきても、明らかにmade in NYCやmade in Brooklynの方が喜ばれます。

 

日本国内で見れば、

メイドインジャパンではなく、

メイドイン山形、鶴岡、飯豊町、白鷹、南陽。仙台、名取。砂川など。

日本ではなく、都道府県、各市町村。

より細分化された地方の方が、価値を表現できますし、

私もそのような提案を、ニューヨーク視察後にどんどん提案するようになり、採用される件数も大きく増えています。

 

 

2.追い風に乗る準備。土地の価値を背景に、何を伝えたいのか考えよう。

 

先日、ある農家さんからの相談で、このような質問がありました。

「地元にある、昔話を活かして、商品を作りたい」

 

確かに地元には、日本で圧倒的に知られる昔ばなしがあります。

それを商品名にする・・・・・。

 

そう相談された時、私が返した質問

「それで、何を伝えたいのですか・・・?」

 

「地域に、その昔ばなしの伝承の地あるということを・・・・」

 

「昔ばなしがあることを伝えたい? 色々な競合商品がありますが、お客さんは何を差別化ポイントで、その商品を買うんでしょうかね?・・・・」

 

「うーん・・・何でしょう???」

 

このようなやり取りからスタートしました。

 

「では、その物語は何を伝えたかったのでしょうね?」

 

「それは、人の優しさとか、お世話になったことを大事にするとか」

「そうですね。昔話を通じて、そういう人の心を伝えたかった。」

「そうです。そこが大事。自分たちの商品を通じて、それが伝えたかった。その背景として、地域には古くから伝わる有名な昔ばなし伝承の地がある」

 

このやりとりがとても大事。

大事なのは、

地域の特性や風土。

代々受け継がれてきた歴史や文化、背景。

そこに住む人の強み。

 

昔ばなしがあることを伝えたいのではなく、

これらを背景として、何を伝えたいか。

ブラントとして、一つの商品として、しっかりと考え、認識することです。

“商品やサービスを通じて、何かを伝える。その背景には、他にはない自分たちの根ざした地域がある”

 

これを考えて、商品作りやサービスをブラッシュアップしていく。

商品のキャッチコピーや、セールストーク、販促物を組み立てていく。

 

そこに価値が生まれ、その商品を体験した人たちが、地域に興味を持ち、今まで知らない土地でも、交通の便が悪くても、その地域に訪れたいと思う。そして、何かの機会で実際に訪れる。

 

おつきあい先でも、国内という枠を超え、地方から一気にグローバル・世界へ進出する企業も出てきました。

まさに、ローカルからグローバルへ。

今や、ローカル・地方は強い武器になる時代なのです。

 

 

3.土地につながるストーリーは、真似できない価値になる

商品やサービスは真似されるが、その背景となっている土地につながるストーリーは真似できない。

 

これは、地方にある中小企業や、農家さん一次産業にとっては、強い要素です。

例えば、日本人なら誰もが知っている。有名な昔なばし、桃太郎。

確かに日本を代表する昔ばなしですので、

メイドインジャパンであれば、国内のどの企業も使える要素です。

 

ですが、日本国内でも、桃太郎の元祖となる地域は一つだけ。

どちらの方が、訴求力は強いでしょう?

どんな大資本でも、その点については、その地域に根ざす人たちには勝てません。

土地につながるストーリーが真似されないというのは、そういうことです。

 

ローカルへの追い風。

他では絶対に真似できない地方につながるストーリーが価値になる時代。

多少不便でも、価値を感じた商品が生まれた土地に行ってみたいという人の流れ。

 

地方・ローカルの価値をより深め、商品ストーリーに落とし込んでいくことで、地方の強みを最大限に発揮することが可能になってきました。

 

 

いかがでしょう。

自分たちの根ざす土地。地方の価値を背景に、商品やサービスを通じてどんなことを伝えていきたいですか。

そこに、他とは違う独自性を持った価値が生まれていきます。

地方の中小企業や一次産業にとっては、本当に大きなチャンスです。

 

うちの地域に価値なんてないよ・・・。

それは会社も、自分たちの産業も同じ・・・・。

そう諦めている方。

 

全くそんなことはありません。

どんな土地にも、地方にも。

あなたの会社にも、商品やサービスにも。

必ず価値があります。

 

どうしても価値が発見できない・・・。

そう悩まれている方は、ぜひ私に聞いてみてください。

外から見れば、価値は意外と見えるものです。

1+
過去の投稿へ
満開!! 地域の農業の未来を担う後継者と啓翁桜。
次の投稿へ
利益を出していない経営者は反省してください。 経営者が利益を追求すべき理由

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー