従業員が指示を実行しない!と嘆く前にトライしてみる3つのこと

 

今回のテーマは、“従業員が指示したことを実行しない”ときに考える3つのこと。

この悩みは中小企業の経営者から、よく相談されることです。

店長が言うことを聞かない。

新人が。部長が、課長が。奥さんである専務が・・・。

何回いってもダメ。

 

そんな時、ちょっとやり方を変えるだけで、うまくいくことがあります。

ポイントは3つ。

是非、参考にしてくださいね。

 

 

1.言い方、表現方法、伝え方を変えてみる。

 

何回言ってもダメなんだよ!と憤る経営者の方は少なくありません。

 

そういう経営者を見ていると、明らかに共通点があります。

“毎回、同じ言葉で、言い方で、口調で、テンションで言っている”

これが、原因の一つ。

 

押してダメなら、引いてみな。

アメとムチ。

こんな格言がありますね。

 

相手に行動してもらうためには、相手が行動する伝え方が必要です。

 

いつも強い口調で伝えているのであれば、優しい口調で伝えてみる。

いつもは気軽な話し言葉だけど、時には敬語で伝えてみる。

怒ってみるのではなく、悲しんでみる。

言葉ではなく、文章で伝えてみる。

 

あなたも同じはず。

いつもと違う口調で、相手が話しかけてきたら受け取り方が変わりますね。

従業員や部下も同じ。

経営者や、指示をだす管理職・先輩が、伝え方の引き出しを意識的に変えると、行動してくれるようになりますね。

 

2.言う人、伝える人を変えてみる。

 

中小企業の場合。

どうしても人員数が少ないので、経営者や上級管理職が矢面に立つこともしばしば。

 

現場のリーダーでうまくいかなければ、一気に経営者が面談。の場合も多くあります。

 

それでもうまくいかない。

その場合は、別の人が変わって伝えてみる。ことが効果的。

 

特に従業員にとって、経営者との面談は緊張するし、本音が言えないのは当然です。

“好きに本当の事を言え。と言っても、言えません”

無理に、言わせようとすれば、ますます固くなり、萎縮する。

そしてますます、孤立し、最後には会社をやめていく。

経営者との話は、ある意味最終局面になりますから、イエスかノーか。続けるか、辞めるか。

 

優秀な人材流出は、会社の生産性にとって大きなダメージになるので、避けたいところ。

ちょっとした信頼関係のズレで、優秀な人材がやめていく会社は多いです。

 

経営者ではなく、他の部門のリーダーや管理職が面談した結果、解決したこと。

会計事務所の先生やコンサルタントなど、第三者から伝えた方が良い場合もあります。

 

誰から聞くか?

これは、人を動かす大きな要因。

 

これは、商いのブランド力向上や口コミの質にも同じことが言えますね。

自分が好きで、支持している芸能人から言われれば、買いたくなる。使ってみたくなる。

でも、同じブランドや商品を、自分の父親から言われたら、ダサい。最初から聞く耳を持たない。

同じことですね。

 

3.違う理由を探ってみる。本当の原因は他にあるかも。

 

これは、ある会社で実際にあった話。

 

優秀な人材なのに、最近営業成績が悪い。仲間ともうまく言っていない。

男性の直属の上長が心配して面談をしてみた。

 

会社に不満や不安があるのか。

仲間との関係でトラブルがあったのか。

社内に関するあらゆる問題や課題、悩みを聞いてそうです。

 

ですが、原因がわからない。

 

そこで、女性の別の上司が悩みを聞いてみたところ、家庭で悩みがあった。

 

みんな、会社のことで悩んでいるのかと思って、いろいろしてみていたが、

原因は違うところにあった事例です。

 

どうしても、会社のことなので、それ以外の原因に気づかない場合があります。

家庭のことを会社に持ち込まない。これは社会人としての常識。

でも人間ですから。どうしても感情が影響してしまう。

 

会社の中に原因があるのか?

それとも会社の外に原因があるのか?

 

解決方法は違いますね。

もしかしたら、会社として解決すること自体が不可能な場合は、あらゆる時間が無駄になってしまう。

 

相手が行動できない違う原因、理由を考えてみると対処法が変わりますし、次の選択肢も視野に入れることもできますね。

 

 

いかがでしたか。

“従業員が言うことを聞かない”とあなたが嘆いているだけでは何も解決しません。

言っている。と伝わっている。は違います。

あなたがどんなに怒っても、強い口調で叱責しても、相手は変わらない。

相手を変えるためには、先に自分を変えてみることです。

その先に、従業員との関係が生まれてきます。

強い会社、組織、高い生産性も、そこから生まれてきます。

 

ちょっとの変化で良いので、是非チャレンジしてみてくださいね。

4+
過去の投稿へ
お金が無い。資金繰りが苦しい。となる前に中小企業の経営者が実践できる3つの事。
次の投稿へ
決算時に確認したい!あなたの会社 生産性は上がった?下がった?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー