セミナーの学びを無駄にしないコンサルタント活用法【セミナー疲れ突破法】

経営のこと

時々、こういう方がいらっしゃいます。

有料・無料関係なく、たくさんのセミナーに出て。

地方から、交通費をかけてわざわざ東京まで出向いて。

 

勉強の為に出かけて行ったのに、帰ってきてから強烈に疲れる。
モヤモヤする。

今回はこれを解決する方法。カラダのことではなく、経営のことで。

危機を目の前にした時、会社の会長は社内に何を伝えて欲しいのか?

1.セミナー疲れはなぜ生まれるか

多くのセミナーや研修会に参加されている方で、疲れている方の特徴。

それは、聞いた内容が具体的に落とし込めないという一点。

 

良い話を聞いたなーとか、

成功事例やノウハウを教えてもらったり、実際に視察したり。

 

セミナーや研修会に参加すると、経験や情報がどんどん溜まっていきます。

それと同時に溜まっていくのが、

 

あぁ、うちもしないとダメだなー。

これ、やりたいなぁー。

という願望、衝動や焦り。

 

実はこれが、セミナー疲れの原因。

 

良い情報や経験が多くなるほど、それを会社に持ち帰って具体化したり、落とし込みができない。あまりに様々な情報を取り入れ過ぎて、自分たちにとって何が必要で、何が不必要か取捨選択できなくなる。

 

どんどんどんどん、やる事ややりたい事、やらなくてはならない事のやる事リストが増えていく。そのうち、何をしたら良いか、どの順番で取り組むのが良いか、パニックになっていく。

こうなった状態が“セミナー疲れ”

 

2.セミナー疲れ解消法 その1

セミナー疲れを解消する方法でオススメは、

セミナーで聞いた話を一つだけ、必ず実行、具体化、現場への落とし込みをする事。

どれもこれもやろうとすると、大体うまくいかないことがほとんど。

これをやると一つに絞り込む。

 

その上で、12の項目で計画を決める。

これは、必ず実行できる計画の立て方ポイントです。

 

【実行・具体化できる計画立案 12の項目】

(1)何をするのか

(2)いくつ(数量)

(3)いくらで(予算)

(4)誰に対して(ターゲット)

(5)誰の為に(ターゲット)

(6)どこで(場所)

(7)どうやって(方法)

(8)誰がやる(責任者)

(9)誰とやる(サポーター、内部・外部)

(10)いつからいつまでに(期間)

(11)何のために(目的)

(12)誰が言うか(発信者)

この12項目をちゃんと決める事で、やりたい事を実行できるようになります。

 

注意して欲しいのは、12の項目のうち、優先することは何かを定めること。

例えば、いつからいつまでに(期間)を優先したいのであれば、やりたい事と、それを最初に決める。

そうすると、他は自ずと決まっていきます。期間が短ければ、仕事の早い従業員を責任者に。社内で時間がかかる場合は、具体化までのスピードがどんどん遅くなりますので、外部の協力を仰ぐ検討する必要がありますね。

計画が立てられない人は、12項目の優先順位を決められない方なので、とても大事なポイントです。

 

3.セミナー疲れ解消法 その2 コンサルタントを活用してみる

コンサルタントの仕事って何ですか?

どんな時にお願いするのですか?

よく聞かれます。

インターネット等で調べれば、ある特定の分野において、専門的知識や技術、経験を有し、顧客の持ち込む課題や相談に応じたり、助言をする云々・・・。よくわかりませんね。

コンサルタントを活用する目的は大きく二つ。

 

(1)経営コンサルタントを活用する

この場合の目的は、経営者の意思決定をサポートすること。

先ほど記載した12項目における優先順位の設定、具体的に項目設定を、より早く効果的になるよう支援してくれます。

例えば、お店を作りたいとした場合、

・どのような店にするのか

・期間はどれくらいか、オープン時期は

・店舗設計はどのようなデザイナーにお願いするのか

・責任者は誰が適任か

・売上予測や、投資額はどれくらいが適正か

・会社の財務体制や、資金面は大丈夫か

・どのように進めていくか

・協力者として、外部のどこを取り込むか

・今、それが会社にとって必要がどうか、優先順位は

などなど

実際、経営コンサルタントは、店舗作りというような特定テーマにとどまらず、経営者の行う様々な意思決定や迷い事、悩み事を、経営者が持っていない専門的知識や経験、違う視点で支援したり、時には後押しするのが仕事。

プロスポーツ選手で言えばトレーナーやパートナー的存在。会社も事業も、経営者の判断一つで、上下したり、左右に振れていくので、それをサポートするとても重要なポジション。

知識や経験も大事ですが、経営者との相性はもっと大事です。

 

(2)テーマ特化型コンサルタントを活用する

もうこれがしたいと決まっている場合、

短期的に技術やノウハウを導入したい場合、

そのテーマに特化した、コンサルタントの活用を考えます。

 

この場合、抑えるべきポイントは二つ

・コンサルタントが持っているノウハウ

・落とし込みをする力

そのコンサルタントが成功パッケージを持っていて、それをちゃんと現場で具体化してくれるかどうか。

 

気をつけなければならない点は、理論や情報だけで、落とし込む力がない時。

話は良いんだけど、実際にはできない場合。

もう一つは、成功パッケージをその会社や組織に合わせてアレンジできない場合。

ただ成功事例や方法を話すだけではなく、なぜ成功事例がうまくいったのか、この方法はどういう理由で生まれているのか。考え方をちゃんと教えてくれる方に依頼しましょう。

ここは見極めが必要ですね。

 

 

いかがでしたか。

セミナー疲れを解消する一番は、セミナーで聞いた事で、

やりたい事、やらなくてはならないと感じたことを、優先順位をつけて、具体化することです。

そこには成果が生まれます。

 

今回は、コンサルタントの使い方についてもお伝えをしました。

私 本田信輔の場合は、経営コンサルタントであり、

企業や農業の収益性を向上させるテーマ特化型コンサルタントでもあります。

当然、経営者の意思決定をサポートしつつ、その企業や事業にとって取り組むべきテーマであれば、適切な他社テーマ特化型コンサルタントや専門家の活用・運用も進言します。

どちらにしても、経営者との相性が大事と考えますので、コンサルティングを受けるかどうかの前に、必ず経営者とちゃんと話しをさせていただき、互いに相性確認。あなたも私も納得の上で支援をスタートしていきます。

 

あなたは、セミナー疲れをしていませんか。

セミナー疲れを解消しつつ、さらに会社や組織をよくすることを目指したいですね!

【利益改善事例】年商1.8億円の洋菓子店が利益1300万を上乗せ。利益3倍化&従業員の基本給アップをするまでに行なったこと

新型コロナウイルス禍でも売上アップ&利益確保を実現した洋菓子店が受講していたセミナー

=PR=

ミタス・パートナーズ無料経営相談お問い合わせ

ミタス・パートナーズ日本一会議

【無料メルマガ講座】こんな時こそ勉強しよう!無料で学べるあなたの会社の利益アップ実践策

2+
経営のこと
次の投稿へ
仕事にもつながる!読書を習慣化3つのコツ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー