何故、あなたの会社は原価率が高いのか?上がるのか?

最近、原価率が上がった?高くなった?

想定原価と、実原価が合わない?

利益が出なくなると、経営者が最初に確認するのは原価率。

原材料の高騰で、仕入れが上がっている?

はたまた、他の要因?

一番怖いのは、何故上がっているかわからないこと。

原価率の増減は会社の利益に直結する重要な指標。だからこそ、しっかり把握したいところですね!

 

今回は、原価率が上がった?高い?と感じた時、経営者が注意して確認して欲しい3つのポイントをお伝えします。

洋菓子店の利益3倍化セミナー

 

1.高いとか、上がったとか。そもそも、その原価率正しい???

 

(1)仕入れの確認をする 納品書と実物は確認しているか?

中小企業や創業起業したばかりで、意外とできていないのは仕入れのチェック。

納品書と、実際の現場数量があっているか?

製造現場で原材料納品時の確認をしているか?

意外と基本的なことですが、できていない場合があります。

 

(2)原価を計算している仕入れ単価は正しいか?

 

仕入れ単価が正しいか?

見積書通りに請求書が来ているから、正しいに決まっている!

最近の仕入れ単価上昇分は、わかっているし、原価にも組み込んでいる!

そう思う方もいらっしゃいますが、

原価計算をするときに、仕入れ単価を消費税込みの単価でしていますか?

 

まさか、消費税を抜いた単価で設定していませんか???

例えば、1個100円の商品。

直接原価が25円。原価率は25円(原価)÷100円(売価)=25%

仮に直接原価に消費税が入っていないとしたら、、、、

実際の原価は27円(25円+税)。27円÷100円(売価)=27%

ここで2%も違います。

原価率で2%違えば、

年商1000万の企業で20万円。

年商5000万の企業で100万円。

年商1億円の企業で200万円。

 

これだけ想定利益が違ってきます。

利益額としては、とても大きいですね。

 

仕入れ単価をまずは、確認してみましょう。

もちろん、仕入れ単価が上がっていることもあります。

その上で、原価計算をするときに、ちゃんとした仕入れ単価で計算されているか。

仕入れの上昇分、消費税分が組み込まれているか。

もう一度チェックすることが大事です。

 

 

2.原価計算をする時の売価。そもそもその売価正しい?

 

原価計算をするとき、原価率を決めるのは、原価の他に、

=その商品をいくらで売っているか?(売価)=

売価も重要な要素です。

原価計算をするときの売価。

どの売価を設定していますか?

 

これは、実際にある地方の食品製造小売企業で問題になったこと。

それは、

“原価計算するときに、店舗の内税表記売価をベースとして原価計算していた”

これが想定原価と、実原価の差を大きくしていた要因でした。

内税表記が設定され、企業も売価を検討するとき、内税価格で考えるようになったことも理由の一つかもしれません。

 

例えば、1個300円(内税)で販売している商品。原価が75円とすると、

本来は売価の300円から消費税分を引いて、商品本体価格は277円。

これで原価計算をします。

原価率は 75円÷277円=27%

 

ですが、仮に300円で原価計算をすると、

原価率は 75円÷300円=25%

 

やはり、2%違います。

 

消費税は、原価計算をする上で、意外と落とし穴になる要素。

消費税が10%へ上がると、原価率の差はもっと大きくなっていきます。

今のうちに、消費税を踏まえた原価、売価の把握をしておくことをオススメします。

 

 

3.原価には、ロスと想定外の要素を入れておく =原価は1.2倍で設定する理由=

 

原価には、ロスと想定外の要素を加えておく。これを行なっている企業は多くありません。

ですが、商品製造をする上で、どうしても外せないのはロス。

 

製造するときに失敗した。

原材料を廃棄した。

食材の歩留まり。

商品の売れ残り、廃棄ロス。

配送、流通時に破損する。

流通配送・保管コスト。

 

商売をしていくと、どうしてもロスが発生ます。

想定外のことが発生します。

特にミタスパートナーズの支援先に多い、食品製造業、6次産業化に取り組む農家さんで起こりやすいロス。

 

1個500円の商品。原価は100円。製造する時平均10%のロスが出る。

仮にこうした場合、

ロス率を考慮しなければ、 原価100円÷売価500円=原価率20%

ロス率を考慮しておけば、 原価110円÷売価500円=原価率22%

やはり、2%前後のズレが生じます。

 

ロス率を抑える取り組み、売れ残りや廃棄ロスを抑える取り組みは必要ですが、

合わせて取り組みたいのは、原価を設定するとき、ロス率を想定しておくことです。

 

やり方は簡単。

正しい方法で試算した原価額に1.1〜1.2をかけておくこと。(原価額を1.1〜1.2倍にする)

 

これで、より安心安全な原価設定が可能になります。

しかも今後、原価が上昇した時でも対応できるようになりますね!

 

 

4.原価率を改善するために経営者が意識しておいて欲しいこと。

 

昔ながらの職人さんには、

特にケーキ屋さんの職人さんには多いことですが、、、

原価率は25%!・30%!

それが業界の当たり前と決め込んでいる方もいらっしゃるようです。

 

ですが、時代の流れ、経済の流れを見れば、

原材料も高くなる、人件費も高くなるで、単純な固定原価率の発想は難しいと考えます。

いかに原価率を抑えながら、お客様に満足してもらえるようにするか。

経営者は正しい値付けをしていく必要があります。

 

原価を抑える方法としては、

①正しい値付けをする

これは経営者の大事な仕事の一つ。値付け一つで、原価率は大きく変動します。

値付けの変更で、企業利益は5-10%も変わります!

 

②定期的に仕入れの確認をする。 =定期的な原価計算のし直し=

原価が変動する今、定期的な原価計算の実施はとても大事。

原価計算は年に1度。というあなたは要注意。

もちろん、納品書と現場での納品確認も定期的に行いましょう。

企業の利益は3ヶ月だけでも原価率が上がっただけで、大きく落ち込みます。

変動に対応しながら、定期的に把握することで、より安全な経営ができますね。

 

値付けと仕入れの定期的な確認。

まずは、ここからチャレンジしましょう。

それだけで、あなたの会社の利益は大きく変わります。

 

その上で、商品の生産性把握には、人時生産性を活用しましょう(商品利益率をもれなくくまなく劇的に高める人時生産性の活用方法)

そうすることで、会社の生産性は大きく改善できます。

 

 

いかがでしょう。

原価率は、企業の利益を大きく左右する重要ポイント。

原価計算をする時、仕入れの消費税分を入れていなかった 原価率+2%

原価計算をする時、内税表記の商品価格を使用してしまった 原価率+2%

原価計算をする時、ロスや想定外の要因を組み込んでなかった 原価率+2%

これだけで、原価率は6%も違います。

 

これに、仕入れ単価の上昇分を入れたら、原価率が10%近くも違ってくることになりますね。

だとすれば、想定原価と実原価に大きな差があるのは当然。

 

利益ベースで10%も違えば、企業利益は相当大きく変わります。

 

原価率は大事。そう思って、多くの経営者は意識します。

特に中小企業や、創業したての企業、6次産業化に取り組む農家さんにとっては利益の生命線ともいえます。

だからこそ、正しい原価計算、原価率コントロールをしていきたいですね。

 

最近特に、原価計算や原価率に関するお問い合わせが増えています。

それだけ、世の中の経営者は意識を持っているということ。

あなたは、あなたの会社はどうですか?

正しく原価を把握して、経営していますか?

 

原価が上がった?高くなった? と感じているあなた。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

利益アップにつながるブログ記事はこちら。あわせてお読みいただくとより効果的です!

原価低減3つの極意「この利益率はスゴイ!」と言われる会社を作る経営者が実践していること

売上アップ・利益アップ!中小企業の値上げを成功させる7つのコツ

休みを増やしながら、売上・利益・給与を高める好循環の作り方

営業利益が売上対比10%アップ!洋菓子店はどうやって生産性向上を実現したか。

利益を高める中小企業の社長の働き方改革

洋菓子店の利益3倍化セミナー

=PR=

Zoomでコンサルティング。移動時間はゼロだけどちゃんと顔の見える悩み相談

こんな時こそ勉強しよう!無料で学べるあなたの会社の利益アップ実践策

7+
過去の投稿へ
混雑しても、興味がなくてもおじさんがディズニーリゾートに行く理由。全く違う次元のファン客づくり。
次の投稿へ
一流の経営者は価値づくりが違う!二流は?三流は?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー