肉好き経営コンサルタントが語る。”お肉と経営”のつながり =お肉に関する真実を語ります=

経営のこと
肉

お肉が大好きです。

生まれた瞬間はわからないが、物心ついた時にはそうなっていた。

 

今日の晩ご飯はお肉!と言われれば、胸が高まった。

今日は、肉を食べにいく。そう言われれば、その日は特別。

小躍りするように嬉しかった。

 

北海道の小さな町。

家族で焼肉屋に行き、弟と競うように食らいつく。

多少生焼けだって大丈夫。網に乗せたそばからどんどん食べていく。

カルビにホルモン。そしてジンギスカン。野菜なんか、見向きもしない。

その姿をみた親父が、苦笑まじりに言い放った格言。

「いつまでも肉があると思うな。早く食べない方が悪い(笑)」

食べ盛りの男子2人を抱え、楽な家計ではなかっただろうに。

当時はそんなことを微塵も気にせず。

父母、みんなで食べにいく時はただただ楽しい時だった。

 

そういえば、大好きだった祖父も肉が好きだった。

齢80を超えても、フライドチキンにかぶりついていた。

ん? 肉好きは血筋?

 

とはいえ、お肉が好きなのは、キオクに刻み込まれた、満たされる記憶があるからだろう。

その本能が騒ぐ瞬間。お肉を食べる時は真剣に考える。

自分だけじゃなく、家族、一緒に食べる仲間や友人。

高いお肉だって、安いお肉だってみんなが美味しく、楽しく食べられるように考える。

 

今回は、自分にとってのお肉を深く考えてみる。

コンサルタント的な視点も織り込みつつ。

 

 

1.お肉に関する真実を語ります。”肉好き”を深く考えてみる。

 

家内もこの話をするとびっくりしてました。

それは、お肉料理の中で何が一番好きか。

本田信輔をよく知っている人だったら、きっと

“本田さんは焼肉が好きね”

と思うはず。

 

確かに家族、仲間や友人とよく行くのはいつも焼き肉。

コンサルティングのクライアント先でも、夕食を一緒にすると高い確率で“焼き肉”になる。

だから、みんな焼き肉が好きだと思い込んでいる。

 

ですが、よくよく深く考えてみると、、、

実は違うことがわかりました。

 

一番好きなのは、、、

“とんかつ”

“とんかつが大好きなんです”

 

振り返ってみると、確かに出張に行った時、

夕食を食べようと最初に探しているのはどこに行っても“とんかつ屋”

 

 

 

2.戦略のミスは戦術では補えない。とんかつもメニュー選びが重要。

 

“とんかつ”の何を食べるか。

これはとても重要です。

 

断然ロース派。

正確にいうと、ご飯と一緒に食べる時はロースしか食べません。

とんかつだけを食べる時はロースもヒレも両方食べますが。

ランチで食べることが多いので、自ずとロース専門になっていきますね。

とんかつ屋さんに行って、一番良いロースカツを食べたいと思っています。

 

仙台で10年以上行きつけの名店とんかつ屋。

“かつせい”さん。

10年間、通い続けていますが注文するメニューは初めて行った時から変わっていません。

 

特ロースかつ + ご飯・味噌汁。

 

この他は頼んだことがありません。

 

メニュー選びは戦略です。

どのようにしたら、美味しく食べられるか。

 

とんかつでも、焼肉でも。

お肉を美味しく食べる。

この目的を果たすために。

何を食べるか。どの順番で食べるか。

方向性と流れを定めることが大事。

ここでミスをすると、他では補えません。

 

企業だって同じ。

方向性は一度決めたら貫く。

方向さえ間違っていなければ、あとはなんとかなる。

経営と同じです。

 

 

2.美味しく最後まで食べ続ける。“とんかつ”を最後まで美味しく食べきるために変えること。

 

とんかつにかけるもの。

ソース一択という方もいらっしゃいますが、最後まで美味しく食べるには変化性も必要です。

 

とんかつを最後まで美味しく食べるコツは、かけるものを順番に変えていくこと。

 

こんな感じで。

 

①最初は何もかけず、“とんかつ”自体の美味しさを味わう。

 

②二番目は塩。肉の美味しさを味わう。

 

③三番目は醤油。意外に思われるかもしれませんが、“とんかつ”に醤油は合います。

醤油の香りが肉や衣の油と繋がり、なんともいえない味わいです。

 

④最後にソースで食べる。味の強いソースで最後まで美味しく味わう。

 

この順番はとても大事です。

もしも最後に塩なんかにすると、脂っこくなってしまい最後まで美味しくいただけません。

 

ちなみに“とんかつ”全体への配分ですが、

とんかつが10切れあった場合とすると、おおよそ以下の通り。

醤油やソースの配分はお好みで配分してもらって結構です。

 

そのまま食べる (2/10)

塩をかけて (2/10)

醤油をかけて (3/10)

ソースをかけて (3/10)

 

お肉を美味しく最後まで食べるためには変化性も必要。

それは“とんかつ”も“焼き肉”も。

人材も、お店も、商品も同じ。

 

定期的に味を変える。視点を変える。見え方を変える。

相手が変わらなくても、自分が変わる。

 

変化性を考えるとき、一番良くないのは食べる前から決め込むこと。

食べ方だって、かけるものだって、焼き方だって。

食べもしないで、美味しくないと決め込んだらもったいないし、美味しさの可能性をわざわざ自分で閉ざしてしまう。

 

好きじゃない。は一度食べた人が言う言葉。

 

やりもしないで、できないとか。ダメだとか。難しいとか。

これが経営だったら。自分を変えることを拒否してしまったら。

自らの未来を、自分で潰してしまうこと。

やっぱり勿体無いと思います。

 

やっぱり“お肉”も“経営”も同じですね。

 

 

3.誰と食べるか。本当に楽しく、美味しく食べるために。これからの価値づくり。

 

誰と食べるか。

一緒に食べる人を選ぶのではありません。

誰とだって、美味しく”お肉”は食べられます。

 

誰と食べるかわかっていたら、

その人や、その人たちと一番美味しく、楽しく食べる方法を考える。

それは相手によって変わる。

これが大事です。

 

相手に喜んでもらう。

相手に楽しんでもらう。

相手に美味しく食べてもらう。

 

そのために、何をしたら良いかを真剣に考える。

 

経営で言えば、商品やサービスはどうするか。

相手は何を望んでいるか?

 

決してお金をかけることではないし、過剰な品質やサービスを望むわけでもない。

 

相手が望むことだけを用意し、一緒に楽しむ。

 

これからの経営にはとても大事なことですね。

効率や生産性、会社の利益や、従業員への負担。これらを犠牲にしても本当に必要な価値やサービスが本当に必要なのか考えていく。

 

必要なものだけを、最高のレベルにすることだけを考える。

 

“お肉”も同じです。

今日はなんの肉を食べようか? お店はどこにしようか? 予算?

びっくりさせた方が良い? とことん美味しさ? 何を話そうか?

このことを考えているときは、とても楽しい時間。

経営だって、働く人だってそこが仕事の醍醐味です。

 

 

天職だと思っている経営コンサルタントの仕事は、自分の経験したことがそのまま役立てる仕事です。

“お肉”一つをとっても、深めていくと経営のどこかに繋がります。

一つのことを深めてみる。

自分の日常や趣味、好きなことを再度見直して考えてみる。

そこに必ず本質やヒントがありますね。

 

こんな話も“お肉”を食べながら。

ぜひ、お声がけくださいね(笑)

主力商品を育成し、売上を高める“日本一会議企画”にチャレンジしてみませんか!

高い値づけでも売れる商品づくりのコツ

=PR=

ミタス・パートナーズ無料経営相談お問い合わせ

ミタス・パートナーズ日本一会議

【無料メルマガ講座】こんな時こそ勉強しよう!無料で学べるあなたの会社の利益アップ実践策

3+
経営のこと
過去の投稿へ
【経営の悩みを解消!】困難危機を乗り越えたベテラン経営者の思考法
次の投稿へ
【脱価格競争!】地方でも安くしない!価値で勝てる企業3つの法則

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。
続行するには規約に同意する必要があります

メニュー